TOP > プロジェクト紹介 > 株式会社ビデオリサーチコムハウス 様

プロジェクト紹介PROJECTS

photo

株式会社

ビデオリサーチコムハウス 様

住友生命茅場町ビル(東京都中央区)

日本で唯一、公式発表される視聴率を手がけるビデオリサーチ社のグループ企業で、テレビ・ラジオ・インターネットの広告統計データを業界に提供していらっしゃいます。

今回の移転プロジェクトは三幸ファシリティーズとイトーキの協力タッグのPJチームで担当させていただきました。

 

ホームページへ加藤文明社印刷所様ホームページへのリンク

施工完了日:2013/12

エントランス

エントランス   エントランス    

明るい木目と塗り壁で“素材感”を大事にしたナチュラルな雰囲気で構成したエントランス。

そんな中にもロゴマークをモチーフにした斜めのカットラインを入れることで“先進性”を表現しています。

執務スペース

執務スペース        

変化に対応するフレキシブルなオフィスとするため、大型天板デスクによるユニバーサルプランを採用。部門間を隔てるモノが無いオープンオフィスを実現。白を基調に明るい木目を配した、清潔感ある明るい雰囲気にまとめています。

会議室

会議室        

移動間仕切りでフレキシブルに使える大会議室。長時間の着座も考慮し執務チェアが採用されました。

役員室/応接室

役員室/応接室   役員室/応接室    

シンプル・モダンな雰囲気の中にも、布張のブロックパネルやガラスで構成した内装とダークブラウンの家具の組合せにより、ステイタスとおもてなしを表現した上質なエグゼクティブ空間としています。

リフレッシュスペース

リフレッシュスペース   リフレッシュスペース   リフレッシュスペース
リフレッシュスペース        

各フロアに配置したリフレッシュコーナー。気分転換を促すため、床材をフローリング調にし、木製の家具で構成しています。

畳を配した休養室も装備し、リフレッシュだけでなく、救護室としても使えるマルチスペースとなっています。

お客様のコメント

総務・経営管理部伊豆

●当社を選ばれた「決め手」

長年取引実績があり、当社の什器・備品についての考え方や現状・ニーズについて十分把握・理解されているため。

 

●本プロジェクトのお悩み

当社業務の特殊性から、今回のプロジェクトでは一般的に行われている休日(土・日)を利用した一点切り替えでの移転ができず、新旧両事務所で業務を並行して行いながら計画に沿って順次移転を行いました。

ついては、移転完了までに約1年を要する長期プロジェクトの進捗管理・全体管理をどう行い、移転を遺漏なく計画通りに完了させるかが大きな課題となりました。

 

●施工中のフォローについて

今回のプロジェクトでは設計・デザインなどはイトーキ様のご担当であったが、上述の通り長期にわたるプロジェクトであったにも関わらず、(2週間に一回の)定例打ち合わせを行って頂き、都度きちんとしたご提案・ご対応を頂きました。

 

●アフタフォローについて

実際に移転を行った後に出てきたいろいろな課題や問題に対し、プロジェクト終了後も誠意をもってスピーディに対応をして頂きました。

担当社員のコメント

営業担当:寺崎
このプロジェクトは長期であり、私は実施設計段階の2013年1月から加入しました。
イトーキPJチームメンバーと、共に週一度の定例会に参加しながら今までの流れを教えて頂き、 VRCHプロジェクトご担当者様とも徐々にお話をさせて頂きました。

内装、什器搬入が終了し、段階的に移転作業をしましたが、その都度、各部署の社員の方々と会話をすることが出来たこと、現場の希望に合うようにレイアウトを変更し、使い勝手の良いようにご協力できたこと、結果として、新規納入した什器類が現在どこに設置(あるいは倉庫に仮置き)されているか等、レイアウト図面よりも最新の情報が頭に入っていて、お客様からの問い合わせに即座に対応できたことが印象に残っています。