TOP > プロジェクト紹介 > Sansan株式会社 様

プロジェクト紹介PROJECTS

Sansan株式会社 様

Sansan株式会社 様

青山オーバルビル(東京都渋谷区)

紙の名刺に内在する「情報としての価値」、そして「ソーシャルな価値」を引き出すことで営業管理や顧客関係管理、営業ナレッジ強化といった生産性の向上や収益の最大化を実現するITソリューションを提供していらっしゃるSansan株式会社様。

今回、執務スペースの一部に什器を納品させて頂きました。

 

ホームページへ加藤文明社印刷所様ホームページへのリンク

施工完了日:2014/03

執務スペース

執務スペース   執務スペース    

フリーアドレス制の営業部門の執務チェアとして、調整が不要となるエピオスチェアをレイアウト。

取締役CWO(Chief Workstyle Officer):角川 様

お客様のコメント

取締役CWO(Chief Workstyle Officer):角川 様

●当社を選ばれた「決め手」

営業部門が使用するフリーアドレス用の執務チェアを検討していた所、『エピオスチェア』をご提案して頂き、調整が不要となる機能を有したチェアの中で、ご提案していただいた内容、他社と比較してコストパフォーマンスに優れていた点などから、三幸ファシリティーズ様より購入させて頂きました。

 

●本プロジェクトのお悩み

新オフィスの開設にあたり、“We are Sansan”をコンセプトとして掲げ、プロジェクトを遂行していきました。「Sansanらしさ」を表現する部分に最も注力しました。

業務効率上、エンジニア部門と営業部門を分断したい希望がありましたが、一方で部門間での一体感は損ないたくないと考えており、そういった矛盾を解消する為様々な工夫を凝らしてきました。トータルで「Sansan」らしさを表現できるオフィスになったと思っています。

 

●三幸ファシリティーズの働きぶり

執務チェア決定に至るまで、複数回に渡るショールームの案内やサンプルチェアの貸出、ニーズに合ったチェアの選定等、スピーディーに対応して頂きました。

サンプルチェアで実際に座って確認することができ、比較検討が行い易かったです。

担当社員のコメント

営業担当:松井
Sansan株式会社様は今回のご移転前から非常に面白いオフィスを構築されていらっしゃいましたが、今回のご移転で、第27回日経ニューオフィス賞を受賞されました。おめでとうございます。弊社がお手伝いさせて頂きましたのは、執務スペースのチェアのみとなりますが、細部までこだわられるSansan様に使い勝手の良いチェアを選定しご提案させて頂けた事、満足頂けた事、大変光栄に思っております。今後ともよろしくお願い致します。