TOP > SANKOの提案 > 役員エリア

役員エリアSOLUTIONS

これまでは重要な判断をする場としてのステイタスを表現する“重厚な”イメージが中心だった役員エリア。近年では一般のワークプレイと同様にスピードや知識創造を目的としたコミュニケーション環境が求められてきています。

これからの役員エリアを考える。

役員同士のコミュニケーション

求められるのはビジネスを左右する重要な経営判断やスピーディーな合意形成。 役員の執務エリアにも一般執務と同様もしくはそれ以上にコミュニケーションの必然性が問われているといえます。従来型の個室ベースの役員エリアでは機能不全を起こしてしまうと考えます。

迅速な合意形成

迅速な合意形成にはそれに見合う設えを持った場が必要です。あわせてICT機器の活用も必然となります。テレビ会議による場所を越える双方方向コミュニケーション。高解像度の映像機器によるより深い理解等々。それらの機器がスマートにインテリアに溶け込み使い勝手も良いそんな空間が必要だと考えます。

透明性の確保

CSR経営、コンプライアンス遵守、そして経営の透明性。その意図は役員エリアのインテリアデザインにも反映されてきています。 ガラスを多用した見えるデザイン、大部屋の役員室でワイガヤ空間など企業によって考え方は様々ですが、オープンな方向性にシフトしつつあるといえます。

  • TEL:03-3252-1001
  • CONTACT