TOP > SANKOの提案 > 受付・来客エリア

受付・来客エリアSOLUTIONS

企業の顔となるエントランス~来客スペース。企業理念やビジョンを表現するスペースだと捉えます。 その表現手法の第一歩はデザインテイストの選択です。ここでは三幸ファシリティーズがご提案したイメージを5種ほどピックアップしてご紹介いたします。
img01

ガラスで構成するクリアーな空間。企業の透明性を表現します。
この例では、あえて書棚を見せることで“知識“の集積を表現しています。

img01

フローリングの床材やグリーンを豊富にあしらったナチュラル感 あふれるエントランス。企業のエントランスにふさわしいバランス感が重要です。

img01

ガラスやメタリック素材を使い、円などの幾何学模様を大胆に使い 先進性を感じさせるテイストでまとめた案。

img01

企業のCIカラーなどを大胆にフィーチャーする案。
ダイレクトに企業イメージをアピールします。

img01

重厚さ、落ち着き、気品を表現するオーソドックスなテイスト。
そんな中でも素材の切替えやディティールで新鮮さを表現します。

エントランスの機能

企業理念の“ショーケース”

訪れる方が第一印象として受け取るイメージ。「空間デザイン」で企業理念やビジョンを表現することで企業イメージをスマートに向上させます。これは直接的な商品展示やパネル掲示とは対極にある手法ですが、素材や意匠のコーディネートによって、より強いメッセージをお客様へ伝える効果的な手法だと考えます。

ホスピタリティ~おもてなし~

レセプションエリアはお客様をおもてなしする空間としての機能も重要です。
インテリアの素材や家具選定、照明計画等はもちろんのこと、動線や空間構成によってお客様の期待感、ワクワク感を演出することもおもてなしの大事な要素です。

外部の“知”との交流の場

現在、そしてこれからのビジネスに求められる新たな発想は企業内からだけではなかなか生まれてきません。そこには協業をベースとした外部の“知”が必要だと考えられています。セキュリティーゾーンが厳格な現在のオフィスでは上記の様な場はレセプションエリアが唯一の対象エリアとなります。
パートナー企業が訪れたくなる魅力的な空間づくりも必要となります。

  • TEL:03-3252-1001
  • CONTACT