TOP > SANKOの提案 > 執務スペース

執務スペースSOLUTIONS

オフィスのメインスペースである執務空間。求められるのは生産性やパフォーマンスアップにつながる環境づくりです。
フリーアドレスやユニバーサルレイアウトなどお客様の業態や仕事の進め方に合ったワークスタイルの選択により、それらの実現を目指します。

パフォーマンスを向上させるワークスタイルとその設えとは

シーンに合わせて場を選ぶ フリーアドレス

近年オフィスに求められる機能である知的生産性向上。その一つの解は、シーンに適した場を自由に選択するフリーアドレスです。集中したい、チームで協働したい、そのほか場所を多用途に使いたいなどに対応可能なとても柔軟なワークスタイルです。コミュニケーションの量と質を向上させるのに最も適したスタイルと言えます。

プロジェクト中心の仕事の進め方に適した場

昨今の仕事の進め方として、複数の組織をまたいだプロジェクト的なものが増えていると思われます。
その場合、旧来の固定席であったり会議室というスタイルでは二重のスペースが必要となってしまいます。
プロジェクトに合わせて臨機応変に対応可能なスタイルの家具や設備が適していると考えられます。

フレキシブルな働き方をサポートするインフラ

様々なワークスタイルを機能させるにはインフラが不可欠です。
LAN、電話等はもちろんのこと「文書管理~共有化」も大変重要です。
逆に無線LAN、電話、文書管理のインフラが整えばいわゆる“足かせ”が無くなり働き方の選択も大きく広がるといえます。

  • TEL:03-3252-1001
  • CONTACT